投稿者 まさ2 | 2014/04/16

ジェド・ジョーコと複数年契約!

mou

もう眠いので要点だけ。

グッドニュースが舞い込んできました!

パドレスは昨年ルーキーながら22本塁打を放ったジェド・ジョーコ二塁手と複数年契約に合意したことを発表。来年から新契約がスタートし、2019年まで5年間$34Mが保証され、また2020年の球団オプションが破棄された場合、ジョーコへ$1Mの違約金が球団より支払われる。

ジョーコの複数年契約内容:

2014年 $510K (変更なし)
2015年 $2M
2016年 $4M
2017年 $6M
2018年 $9M
2019年 $13M
2020年 $13M(球団オプション)

ジョーコは順調にいけば2019年にFAとなる予定のため、今回の契約で最大2年間のFA期間をカバーすることに。今年で26歳となるので、31~32歳までパドレスが保有権を得たこととなります。

ジョシュ・バーンズGMが若手選手に対して複数年契約を結ぶのは、キャメロン・メイビン、コーリー・ルーキ、ニック・ハンドリーらと2012年に契約締結して以来。前回はルーキやメイビンの怪我もあり、ハンドリー以外は随分損をしてしまった感はあるものの、ジョーコとの契約延長は非常に嬉しいニュースに思えます。

ジョーコは本来三塁手であり、移籍が確実視されているチェイス・ヘッドリーの後釜として完璧な人材(個人的には強打の二塁手としてプレーして欲しいのですが)。球団としてもヘッドリーが抜けた後の打線の中核として大いに期待していることがわかります。

あとは既にエースの風格漂うアンドリュー・キャシュナーや盗塁王のエバース・カブレラらと複数年契約を結べれば良いのですが、キャシュナーは調停で揉めたこと、カブレラはバイオジェネシススキャンダルで球団に借りがあるものの代理人がスコット・ボラスであることを考慮すると、なかなかすぐには決まらさそうです。

ジョーコは今年双子のベビーを授かる予定。球団にとっても家族にとっても良いニュースとなったのは間違いありません。

投稿者 まさ2 | 2014/04/13

なんとかスイープを免れる毎日

4月に入って仕事がバタバタしてますまさ2です、こんばんは。さっきまで仕事しておりました。家で使用している無線マウスが壊れて不便なのなんのって。

パドレスは開幕のドジャース3連戦に続き、対マーリンズ、対インディアンズとの3連戦も1勝2敗で終えるなど、イマイチ調子がパッとしておりません。

4/4-6 対フロリダ・マーリンズ

2-8 ● スタルツ滅多打ち。
0-5 ● キャシュナー、ホセ・フェルナンデスとの投げ合いに敗れる。
4-2 ○ 誕生日のアマリスタが代打逆転本塁打!

4/8-9 対クリーブランド・インディアンズ
(4/9はダブルヘッダー)

6-8 ● エラー絡みの失点。ロスのリズムも悪い。
0-2 ● マクアリスター相手に参発安打。
2-1 ○ アーリン6回1失点の好投。

その最たる原因は打線の不振。ヘッドリー、ジョーコ、ベナブルの3人が未だ打率1割台。ベナブルとアロンソ、あと開幕直後はバットが当たっていたセス・スミスも2割ちょっとと低迷。

投手陣がいくら抑えても打線がこれでは勝てません。幸いタイソン・ロスを除く先発投手らの調子は悪くなく、キャシュナーはタイガース戦で自身2度目のワンヒッターを達成して今季初白星をあげています。またジョシュ・ジョンソンの穴埋めで先発したアーリンも好投。リリーフ陣の調子も良いので、まだチームが崩壊するレベルではないのが幸い。

打線は水物・・・とは言え、せめて.250くらいの打率まで早く皆様調子を上げて欲しいところ。DL入りしているクエンティンが今週中には復帰するようなので、これが起爆剤となってくれれば良いのですが。

→4/15訂正:今週から打撃練習再開の間違いでした。失礼。

パドレスは2009年のドラフト2巡目指名エバレット・ウィリアムズ外野手の解雇を発表。ウィリアムズは若干23歳とまだ年齢は若いものの、早々にチームから見切りをつけられてしまいました。

因みにこの年のドラ1はドノバン・テイト。高卒センターを2人指名したものの、まさかの2人とも大外れに終わる可能性が大です。

Year Age Lev G AB R H 2B HR RBI SB SO BA OBP SLG OPS
2009 18 A–Rk 10 43 2 12 4 1 9 2 18 .279 .354 .48う .843
2009 18 Rk 4 18 1 7 2 0 6 2 7 .389 .421 .611 1.032
2009 18 A- 6 25 1 5 2 1 3 0 11 .200 .310 .400 .710
2010 19 A 107 390 53 95 25 5 59 10 131 .244 .333 .372 .704
2011 20 A 6 20 5 6 0 0 1 3 3 .300 .391 .300 .691
2012 21 A+ 105 397 38 96 25 5 50 9 112 .242 .288 .363 .651
2013 22 AA 89 331 37 85 11 2 31 10 81 .257 .312 .314 .626
5 Seasons 317 1181 135 294 65 13 150 34 345 .249 .314 .356 .670

尚、ウィリアムズはKTがいるDバックスに拾われています。パドレスが相手の時以外は頑張って下さい。

キャメロン・メイビンがリハビリ再開。復帰は5月の初旬~中旬くらいとなる見込み。

選手名鑑とプロスペクトランキングが全然進みません。明日時間があれば少しでも作成したいのですが、娘と動物園に行って体力が残っているかどうか。

投稿者 まさ2 | 2014/04/05

キューバ人投手を獲得?

4月となり新年度も始まったわけですが、今週から急に仕事の忙しさが増したまさ2です、こんばんは。人身事故に巻き込まれた日もあって今週はずっと遅い帰宅時間でした。あ、ピューロランドに娘と2人でデートに行ってきましたよ!

ドジャースとの開幕シリーズは1勝2敗と勝ち越しならず。

初戦は初の開幕投手となったキャシュナーが好投。打線も試合終盤にセス・スミスの同点ソロで追いつくと、グランダルの盗塁などで得たチャンスでデノーフィアが勝ち越しタイムリー。ストリート含むリリーフ陣も完璧にドジャース打線を抑えて今季初戦で初白星。

しかし第2戦はグレインキの前に5回で散発2安打。第3銭もヘイレン相手に6回4安打と打線が奮起せずに、連敗。特に3番を任されているヘッドリーが3試合で1安打、2年目となるジョーコは未だ無安打であり、早くリズムを掴んで貰いたいところ。

4日からはマイアミ・マーリンズとの3連戦。そしてその後インディアンズとの3連戦と続く。マーリンズ相手に負け越すと今年も序盤からズルズル行きかねないので、何としてでも最低勝ち越しをノルマに頑張って欲しいです。

MLBTRにて、パドレスが27歳のキューバ人投手Odrisamer Despaigneと契約間近との報道が。

名前・・・一体どう読めばいいのかサッパリわかりません。

気になる投手としての素質ですが、残念ながらエース級というレベルには程遠いようです。4種類の球種を投げわけて、かつ投げる際に腕の位置を変えることによって打者を惑わすフォームだとか。ストライクをどんどんとっていく投手らしいので、平均レベルのコントロールは備えているのでしょう。

とあるスカウトによると、投手としての素質は「そこらへんにいるMLB投手と同じくらい」だそうで、基本は中継ぎ(しかも早い回)、良くて5番手クラスの投手だとか。

正直こんなレベルの投手を獲得してどうするのかよくわかりませんが、パドレスがキューバ人選手を獲得するのは珍しいため経験を積んで将来に生かすため実験的に獲得を狙っているのかもしれません。まぁパドレスの予算ですと、このレベル程度の投手しか獲得できないのでしょうね。それも仕方なし。

 

投稿者 まさ2 | 2014/03/31

MLB.com2014プロスペクトランク

MLB.comでようやくパドレスのTOP20が発表されていたので紹介します。

1  Austin Hedges
2  Max Fried
3  Matt Wisler
4  Casey Kelly
5  Hunter Renfroe
6  Rymer Liriano
7  Jace Peterson
8  Burch Smith
9  Joe Ross
10  Joe Wieland
11  Zach Eflin
12  Franchy Cordero
13  Jesse Hahn
14  Keyvius Sampson
15  Dustin Peterson
16  Reymond Fuentes
17  Travis Jankowski
18  Alex Dickerson
19  Cory Spangenberg
20  Gabriel Quintana

MLB.comらしく、無難なランキングに。今のところ期待できそうなのは13位くらいまでですかねぇ。あとはMinorLeagueBallが発表すれば総合計でのランキングをお見せしたいんですが、いったいいつになったら更新されるのか、全然わかりません。

娘と2人でサンリオピューロランドに行ってきたまさ2です、こんばんは。キティとミミィの違いが全然わかりません。

3月30日(日)、現地時間20時に地元ペトコパークにて2014年シーズン開幕戦を迎えるパドレス。ようやく開幕ロースターとなる25人が発表された。

先発ローテ:

① アンドリュー・キャシュナー
② イアン・ケネディ
③ タイソン・ロス
④ エリック・スタルツ
⑤ ロビー・アーリン

リリーフ:

CL ヒューストン・ストリート
SU ホアキン・ベノア
RP デイル・セイヤー
RP ニック・ビンセント
LP アレックス・トーレス
RP ティム・ストウファー
RP ドン・ローチ

内野手:

C ニック・ハンドリー
C レネ・リベラ
C ヤズマニ・グランダル
1B ヨンダー・アロンソ
1B  トミー・メディカ
2B ジェド・ジョーコ
SS エバース・カブレラ
3B チェイス・ヘッドリー
UT アレクシ・アマリスタ

外野手:

OF ウィル・ベナブル
OF クリス・デノーフィア
OF セス・スミス
OF ゼイビア・ネイディ

主なDL選手;

ジョシュ・ジョンソン
コーリー・ルーキ
ジョー・ウィーランド
カルロス・クエンティン ←New!
キャメロン・メイビン

しれっと・・・本当にしれっと先日◎をつけた主砲カルロス・クエンティンがDL入りしてしまいました。打撃の調子は上がらないものの、キャンプ終盤まで休み休み、大事に大事に起用されて怪我から距離を置いていたクエンティンですが、3/16の試合でダイビングキャッチを試みた結果、骨挫傷とやらになっているようです。

開幕ギリギリにしっかりDL入りしているあたり、調整方法がさすがと言いますか逆に関心してしまいます。

クエンティンDL入りの影響を受け、メディカとネイディの両選手がロースター入り。ブランクスを加えた3選手中ネイディはどうも一歩抜けていたらしく、ブランクスはメディカとの競争に敗れて開幕マイナーとなってしまいました。メディカはオープン戦を通して打撃好調でしたし、また首脳陣はネイディのベテラン力に期待しているのでしょう。

一方キャンプ序盤で故障したヘッドリーは何とか開幕に間に合わせてきました。オープン戦では打率が低調だっただけに(打率2割弱)、シーズンに入ってからの変わり身に期待です。おそらくパドレスのユニフォームを着る最後の開幕戦、2012年後半の姿を見れれば良いのですが。

開幕戦の相手は既にオーストラリアで2試合消化済の宿敵ドジャース。向こうのエース、カーショウはDL入りのためリュ・ヒョンジンが開幕のマウンドにあがる予定。一方、パドレスは予定どおりキャシュナーが自身初の開幕投手。

4番抜きの打順は・・・どうするんでしょう。以下、適当な予想。

カブレラ
デノーフィア
ベナブル
ヘッドリー
アロンソ
ジョーコ
メディカ
ハンドリー
キャシュナー

無難にいくとこんなメンバー。あとは捕手をグランダルにするとか、ベナブルを2番にあげて3番ジョーコ、6番デノとかもありですか。果たしてバド・ブラックはどのようなラインナップを組むのでしょうか。

いよいよ今シーズンも始まりますね。ここ2年は開幕直後に逆ロケット噴射をかまして一瞬で優勝争いから脱落していましたが、今年は一味違うところをみせてやりましょう!

Older Posts »

カテゴリー

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。