投稿者 まさ2 | 2012/05/17

ハーパーに2本塁打献上も

スギもヒノキもほぼ終息したのに未だ花粉症の症状に苦しめられているまさ2です、こんばんは。スギはサラサラの鼻水、ヒノキは少し粘り気のある鼻水、でイネ科の花粉が今は飛んでいるらしいのですが、鼻の奥深くに粘々の鼻水が出てきてます。鼻水で季節の移り変わりなんぞ知りたくもないんでが。

因みに先ほどWindowsをXp→7へ更新したんですが、Firefoxのお気に入り移行に失敗して全てデータが消滅してしまいました。Oh・・・。

5/11
パドレス 3-7 フィリーズ
5/12
パドレス 2-1 フィリーズ
5/13
パドレス 2-3 フィリーズ

初戦は今季調子の上がらないクレイトン・リチャードがボコボコに打たれてあっけなく敗戦。2戦目はボルケスが2試合連続の好投をみせ、好投手ハラデー相手になんと今季2勝目。いくらフィリーズの調子が良くないとはいえ、ハラデー相手に1シーズンで2連勝するなんて!でもハラデー相手の2連勝と、他球団相手に5連勝するのは、どちらが可能性高いのでしょう?今のパドレスなら断然後者を選択するんですけども・・・。

で、今季パドレスの批判をしたり、ブライス・ハーパーに故意に死球を与えたりとFAを前に色々話題を振りまいてくれているコール・ハメルズが3戦目に先発したんですが、案の定7回を1失点に抑えられてシリーズ勝ち越しはなりませんでした。尚、パドレス先発のスーパンは6回を3失点(自責点2)に抑えており、未だスーパンの魔法はとけていないようです。

5/14
パドレス 5-8 ナショナルズ
5/15
パドレス 6-1 ナショナルズ

初戦、復帰先発のストウファーは5回を4失点と苦しい投球内容。ただ打線の援護もあり5回を終わって1点勝ち越していましたが、6回にフリエリの代役で登板したマイコラスが打たれて逆転され、さらに8回にはグレガーソンが2本のソロ本塁打を献上して敗戦。1点リードで経験不足のミコラスを起用するのはブラック監督の明らかな采配ミス。ブラッド・ブラックや勿体ない試合を落としました。

2戦目はSDSU出身のストラスバーグとの初対戦。ここまで圧巻の成績を残しているストラスバーグに対して、パドレスは初回に3点を奪うなど計4点を奪い4回でKO!先発のバスは8回を5安打、ハーパーのソロ弾のみに抑える好投で2勝目。最近先発としてのペース配分に慣れてきたのか、ようやく長いイニングを投げれるようになってきました。ベナブルは4安打、打撃不振だったベイカーも3安打と勝利に貢献。尚、6番レフトで先発出場いたジェームズ・ダーネルが今季第一号を放っています。

相変わらず怪我人が多く苦しい台所事情が続きますが、、4月に比べてチーム状態が上向いているのは感じています。ヨンダー・アロンソの打撃が上向いてきたことは1つの大きな要因でしょう。4月は.250程度だった打率が5月は3割8分近い数字を残し、12日のフィリーズ戦では今季第1号も記録。またキャメロン・メイビンも一時ほど悪球に手を出すのは改善され、4月は80打席で24三振(30%)だったのが、5月は44打席で8三振(18%)。ようやく本来の姿に戻ってきた感があります。

逆に今はヘッドリーやハンドリーが不振に陥ってますが、徐々に不振から脱出する選手が増えてきているのは好材料。7勝17敗の4月から、5月は6勝7敗と持ち直しています。まずは借金返済を目標に、1試合1試合挑んでもらいたいです。

ストリートに代わって抑えを努めているデイル・セイヤーですが、もともとパドレスが最初に獲得した歴史があったんですね、知りませんでした。2002年にドラフト外で獲得後、2006年にラッセル・ブラニヤンを獲得したトレードで当時のデビルレイズへ移籍(因みにこのトレードで一緒に移籍したのは現パイレーツのエバン・ミーク)。その後2011年にメッツへFA移籍し、今年パドレスとマイナー契約。

投手としての質はキャシュナーやグレガーソン、さらにはブラッド・ブラックのほうが上という評価ですが、セイヤーのマイナーで173セーブを記録した経験を重視しブラック監督はストリートの代替に選んだようです。

尚、ブラッド・ブラックもマイナーで113セーブをあげてますが、年齢はセイヤーより5歳下。メジャーでは制球難に苦しんでいますが、もともとコントロールは悪くない投手ですし、セイヤーやスーパンの投球には色々学べることが多いのではと思います。

キャンプ中にDL入りしていたティム・ストウファーがようやく復帰し、15日に今季初先発。この動きに伴い、中継ぎのジョシュ・スペンスがマイナー落ち。アンソニー・バスの先発入りとマイカ・オーウィングスのDL入りでロングリリーフ要員が不在となり、最悪スペンスは多少長いイニングもこなせるという話でしたが、これで現在チームにはロングリリーフがいなくなってしまいました。

ま、スペンスの調子が良くなかったので仕方ないんですけども。

先週末の復帰が噂されていたカルロス・クエンティンですが、手術した膝の調子が良くなかったため大事をとってマイナーでのリハビリを延長するようです。気になる復帰時期はおそらく来週のどこかになりそうで、神父ファンにはやきもきする日々が続きそうです。

昨オフにボルティモア・オリオールズと契約していた元神父ドラ1のマット・アントネリが解雇されています。40人枠入りの契約だったので、せっかくのチャンスだったんですが。

あとタンパベイではシザー・ラモス(ジェイソン・バートレットとのトレードで移籍)が中継ぎで登板してメジャー初勝利をあげています。おめでとう!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー