投稿者 まさ2 | 2012/07/07

今季最長6連勝!

30過ぎてから白髪が増えたなぁ・・・と感じずにはいられないまさ2です、こんにちは。今日は美容院行ってサッパリしてきます。

7/3に先発したアンドリュー・キャシュナー。前回のエントリーで「打撃の弱いアストロズ相手の先発とはいえ、それでも今後を期待せざるを得ない結果です。」と書いたばかりですが、2回を無失点に抑え3回頭に投球練習している際に広背筋という背中の筋肉に痛みを覚えて、そのまま降板。15日間のDL入りすることとなってしまいました…。今季既にヒューストン・ストリートやエリック・スタルツが同様の痛みのため戦線離脱しており、最短でも3~5週間は治療にあてることとなりそうです。

せっかくの明るいニュースが再び残念な話題となってしまいました。代わって昇格したたのは中継ぎのブラッド・ブラック。キャシュナーの抜けた先発の穴はどうやらオーレンドルフが代わりを務めるか、またはジェイソン・マーキーが中3日で登板するようです。うーむ期待薄。また同じく中継ぎのニック・ビンセントがマイナー降格し、代わりにマイルス・マイコラスが再昇格しています。

そうこうしている間にパドレスはダイヤモンドバックス相手に今季初のスイープを達成。コッソリとNL西地区最下位からも抜け出しており、若手重視の起用が上手く進みだしている感があります。

6日のレッズ戦では昨年までのエース、マット・レイトスが相手先発。一方パドレスもレイトスとのトレードで獲得した4選手のうち3選手が先発出場。先発エディンソン・ボルケスは7回を1点に抑え、ヨンダー・アロンソは4打席で出塁、そしてヤズマニ・グランダルは9回サヨナラ勝ちのきっかけとなる三塁打を放つなど、各自が見事に活躍。おまけにレイトスも7回無失点とトレードに絡んだ全ての選手が結果を残す試合となりました。ファンにとっては楽しい試合となったのではないでしょうか。

しかも試合は最後にエバース・カブレラが無死満塁からサヨナラタイムリーを放ち、これでチームは6連勝!オールスターまであと3試合、この勢いがどこまで続くか楽しみです。

MLBTRで懐かしい名前が見られました。2007~2008年にパドレスでプレーしたジャスティン・ハンプソンがメッツからDFAされたそうです。パドレスでは対左要員としてまずまずの働きをしていましたが、その後は故障でもしてたのかと思ってました。最近はメッツのマイナーでプレーしていたんですね。今年4年ぶりにメジャーのマウンドに復帰して今回の流れになったようで。貴重な左腕だけに、どこか別の球団から声がかかると思います。

最後に、どうやら次期オーナーがオマリーグループに正式決定したようです。これでトレードも無事進めることができるでしょうね~。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー