投稿者 まさ2 | 2012/08/25

新オーナー正式決定!

お久しぶりです、本日海外出張から帰国して来週からまた1 週間海外出張のまさ2です、こんにちは。日曜日はおかあさんといっしょのプチコンサートに家族で行ってきます。1歳の子供にまで大人と同じ入場料を要求するなんて、さすがNHK・・・。

しばらく更新していない間もパドレスは勝ったり負けたり、十何連勝でもして奇跡的に優勝争いに食い込むこともなく、相変わらずの日々が続いています。そんななか今年ここまで宙に浮いていた案件がようやく決着。

元ドジャースのオーナーであるピーター・オマリー率いるグループがパドレスの新オーナーに承認されました!思えば今年3月にジェフ・ムーラッド元オーナの承認がMLBのオーナー会議で否決されて以来、元元オーナーのジョン・ムーアが暫定的にオーナーに留まっていたわけで。その間チームの将来に疑問符がつき続けていましたが、ようやくこれで落ち着きます。

しかも代わってオマリーがオーナーになるなんて予想してませんでした。まさしく不幸中の幸い。ドジャース時代の実績やオーナーっぷりを聞いているだけに、非常に期待がもてる就任となりました

正式にはピーター・オマリーは表舞台には出てこず、息子であるケビン・オマリーとブライアン・オマリー、そして甥っ子のピーター・セドラーとトム・セドラー、さらに地元サンディエゴで飲料事業を手がけているロン・フォウラーやプロゴルファーのフィル・ミケルソンが名義上のオーナーとなっています。基本的にメディアには最も年配であるロン・フォウラーが対応するようです。

因みにパドレスの購入金額$800M(約640億円)。うち$200MはFOXスポーツとのTV契約料ですが、数年間でえらく価値が上がったもんですね。とにかく明るい未来が待っていると信じて今後のチーム予算に注目していきたいです。

その他ニュースもろもろ:

ニック・ハンドリーがDLから復帰するも、大した活躍はせずに再びDL入り。代わってDLかヤズマニ・グランダルが復帰してチームに合流。

不振のため半分解雇扱いでDLしていたジェイソン・バートレットが結局DFA。ウェーバーをもちろん通過してFAとなりました。もともと最初にドラフト指名された球団なのに、つくづくパドレスとは縁がなかったですねぇ。

復帰を目指していたティム・ストウファーはリハビリ中に再び痛みを感じ、また復帰時期は白紙に。今季中の復帰は無理ではとの報道もあり、調停権のあるストウファーに対して球団が契約延長を避ける可能性が出てきました。ドラ1の生え抜き投手なので、もう少しパドレスのユニ姿を見たいのですがマイナーに有望若手投手が多く控えている状態では難しそう。

契約延長した抑えのヒューストン・ストリートが再び故障でDL入り。来季のことを踏まえて、今季はもう完全休養に当てるかもしれません。代わりのクローサーは前回同様デール・セイヤーが務めるのかと思ったら、シーズン途中にアリゾナ・ダイヤモンドバックスから拾った27歳ルーキー左腕のTommy Layneが初セーブを記録したりと、特定クローサーなしの状態でこのまま突っ走るようです。

上記のTommy Layne、昨年は防御率5.75、今年は6.37と明らかにマイナーチームの頭数合わせして獲得されたものの、メジャーではここまで5試合で無失点。意外な活躍をみせています。どこまでこのマジックは続くのでしょう。そういやジョシュ・スペンスは何してるのでしょうか・・・。

防御率7.77、WHIPも1.77と縁起の良い成績でラス・オーレンドルフが3Aへ降格。誰が先発するのかと思ったら全く無名の25歳左腕アンドリュー・ワーナー投手がメジャー初昇格。3Aで防御率5点台の投手がプレーオフ争い中のパイレーツ戦に先発登板し、意外にも6回を2失点に抑えてめ初登板初勝利。おめでとうございます。これで2試合目の先発もゲット。

シーズン途中に獲得後15試合に先発6勝7敗、防御率4.04とまずまずの活躍をみせていたジェイソン・マーキーが打球を左手に受け、診断の結果骨折が発覚。DL入りすることに。また先発に怪我人・・・ということで、誰かマイナーから呼ぶ必要が出てきています。今の40人枠で先発として使えそうなのは、ラス・オーレンドルフくらい。せっかくのキリのよい成績が乱れる可能性が出てきました。プロスペクトのケイシー・ケリーを昇格させるのでは?という噂もありますが、今年の大半はリハビリに費やしたし、このタイミングでは昇格させないに3000点。

因みにキップ・ウェルズは既にDFAされており、今のローテはボルケス、リチャード、スタルツ、ワーナーの4名。ウェルズも確かパドレスの3Aにいたと思うのでマーキーの代替候補ではありますが、ウェルズ投入のためにわざわざ他の誰かを40人枠から外すことはないでしょう。

DL中のアンドリュー・キャシュナーとアンソニー・バスがリハビリ登板を始めています。両者とも9月中には復帰できる見込み。

随分前ではありますが、グランダルがDL入りしたために全然実績のないエディ・ロドリゲスがメジャー初昇格したことを前回のエントリーで紹介しました。理由は一番DFAしやすい選手のため・・・と可哀相ではあるものの事実を伝えたわけなんですけども、自分がドラフト指名されマイナー生活を過ごしていたシンシナティ・レッズ相手に初先発。

すると、なんとなんと26歳でのメジャー初打席でいきなりレフトスタンドへホームラン!!!

いやぁビックリしました。しかも相手は好投手のジョニー・クエトですよ。こんなでき過ぎな話ってそうそうありません。グランダルのメジャー初先発とは違い、こちらはメジャー完全発打席。しかも昨年は独立リーグ、先日までは1Aでプレーしていた打率.220台の打者ですよ!(ちょっと話は逸れますが、このエディ・ロドリゲスはUniversity of Miami出身、なのパドレスではグランダルやJason Hadgerty、アロンソらの先輩にあたります。)

現在は後既にマイナー降格してはいますが、本人にとっては本当に記念となる初打席となりました。もちろん記念のボールはロドリゲスの手元へ。

以下はロドリゲスの打席後のコメントです。

「ただボールを見極めて自分のスイングをすることだけを考えていたのに・・・本当に説明できないよ。まだ鳥肌がおさまらない。シンジラレナーイ!!」

そしてバド・ブラック監督のコメント:

「素晴らしいと思わないかい?これが野球場に足を運ぶ理由だよ。」

全くそのとおり。

Eddy Rodriguezの本塁打動画(MLB.com)


Responses

  1. お久しぶりです。
    もうオフの話になってしまいますが、チェイスヘッドリーは契約しますかね?
    生え抜きだし、出してほしくない気もしますが・・                                                                          ところで、フェンスを前に出す話はその後どうなったんですかね?

    • 更新がすっかり遅くなってすみません。

      ヘッドリーは今季自己最高の成績を残していますし、またチームが来年の優勝を視野に入れた契約延長を連発していることから、オフのトレードはないと思われます。もしトレードに出すとしたらよっぽどの見返りがあったときくらいでしょうか。ギョーコも今季デビューはお預けになりそうですし。

      フェンスの話題は今のところ沈静化しています。結局のところチーム状態が悪いとファンも文句を言うのですが、一度調子が良くなると不満もなくなるのでしょうね(笑)もちろん新オーナーの意向次第なところはありますが、現状何も進展なしです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー