投稿者 まさ2 | 2013/01/12

マット・クラーク、中日へ

今週末は友人の結婚式に出席するまさ2です、こんばんは。最近はパドレスの補強ニュースがなく非常に退屈しています。

パドレス3Aチームの一塁手、マット・クラークが中日ドラゴンズと契約。クラークは2008年のドラフト12巡目でパドレスへ入団。強打の一塁手として各マイナーレベルで良い成績は残していたものの、エイドリアン・ゴンザレスやヨンダー・アロンソらの壁に阻まれてメジャーデビューを果たすことはできなかった。

ルール5ドラフトでNate Freimanがアストロズへ移籍したのに続いて、3Aの一塁手がチームを離れることとなりました。上記のとおり、クラークは毎年成績は残すもののスカウトからの評価は高くなく、プロスペクトランキングにも名を連ねたことはありません。2011年は.292/.363/.498、2012年も.290/.367/.506の成績を残しながら、ルール5ドラフトでの指名はなし。成績に見えない穴があったのでしょうか。

どのような選手なのかの判断は日本でのプレーを見てからになりますが、パドレス出身の内野手ではジョージ・アリアスのような活躍をみせてくれればと思います(最近ではサラザーやエドガー兄貴は残念でした)。パドレス兼ドラファンとしては、クラークは応援せざるをえないところです。

マット・クラークのツイッターは非公開設定ですが、こちら↓
https://twitter.com/matttclark23

パドレスのスプリングトレーニング招待選手が発表されました。まずマイナー契約でサインしたFA選手らが以下。

投手
Sean O’Sullivan
Daniel Stange
Thad Weber
Jerry Sullivan

捕手
Rene Rivera
Eddy Rodriguez

内野手
Gregorio Petit
Cody Ransom

外野手
Travis Buck

続いてパドレスの若手マイナーリーガー達。

投手
Johnny Barbato
Wilfredo Boscan
Robbie Erlin
Brandon Kloess
Kevin Quackenbush
Jason Ray
Donn Roach
Matt Stites

捕手
Jason Hagerty
Austin Hedges

内野手
Jonathan Galvez
Jedd Gyorko

今年はオープン戦が37試合と例年に比べて多く組まれているため、招待選手も通常より多めに選出されているものと思われます。一番の注目はやはりジェド・ジョーコがどこまれやれるかでしょうか。とりあえずは故障者が出ずに無事開幕を迎えられることを願っています。昨年はいきなりクエンティンやストウファーが不在となりましたので・・・。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー