投稿者 まさ2 | 2013/01/20

契約延長とWBC代表選出

先日Yahooニュースで昔の記事を紹介された影響で、2日間ほど閲覧者数が爆発的に増加していました。人数見たとき、一瞬どこかのサイトに晒されるようなまずいこと書いたっけと焦ったまさ2です、こんばんは。もう今はすっかり落ち着きましたが、Yahooの力恐るべしでした。

パドレスはウィル・ベナブル、エバース・カブレラ、ジョン・ベイカー、エディンソン・ボルケス、ジョー・サッチャーらと1年契約を結び、調停を回避した。それぞれの契約内容は以下のとおり。()は昨季年俸。

ウィル・ベナブル
$2.675M ($1.675M)

エバース・カブレラ
$1.27M ($495.6K)

ジョン・ベイカー
$930K($750K)

エディンソン・ボルケス
$5.725M ($2.2375M)

ジョー・サッチャー
$1.35M ($700K)

デノーフィアの年俸$2Mと比較すると、ベナブルが割高に感じてしまいます。あとボルケスも一気に倍増し高給とりに。今季終了後はFAとなるので、奮起するのではないかと思います。

これで調停権を持つ選手で契約未更改なのは、計3名。これらの選手は調停申請期限までに契約更改できなかったため、球団と選手側で希望している年俸額が発表されています。この希望額に基づき調停に持ち込まれるか、もしくは調停前に契約を締結することも可能。

チェイス・ヘッドリー ($3.475M)
選手:$10.3M
球団:$7.075M

クレイトン・リチャード ($2.705M)
選手:$5.55M
球団:$4.905M

ルーク・グレガーソン ($1.55M)
選手:$3.75M
球団:$2.875M

ヘッドリーさん、容赦ないです・・・。だいたい両者の平均とって$8M~$9Mで落ち着くんでしょうが、クエンティンに次ぐチーム2位の年俸となることは確実。あとリチャードの$5Mもなんだか高く感じますねぇ。リチャードに対して球団は来年の保有権も持っているんですが、場合によっては今オフのDFA候補になっているかもしれません。

さて各国のWBC代表選手が発表されており、パドレスでも一部選手が選出されています。

米国
ルーク・グレガーソン投手

ドミニカ
エディンソン・ボルケス投手

イタリア
クリス・デノーフィア外野手

スペイン
Jesus Merchan内野手

カナダ
Mark Hardy投手

オーストラリア
Corey Adamson外野手

正直、下の3名は全然聞いたこともないマイナー選手ですが、WBCで良い経験を積んでもらえれば。主力の3名、特に投手の2人はとにかく怪我だけはしないようにお願いしたいです。尚、ボルケスとデノーフィアは前回も出場していますが、グレガーソンは今回が初選出。ヨンダー・アロンソもスペイン代表として声をかけられたそうですが、今回は断ったそうです。

相変わらずパドレスのFA・トレード関連のニュースが全然出てきません。最近ではショーン・マーカムの獲得先候補として名前が挙がったくらいでしょうか。ただマーカムの速球の速度って昨季ガクンと落ちてたんですね・・・最近知りました。昔のように安定感ある投球が可能なのなら話は別ですが、今の状態だとさすがにリスク高すぎる気が。

ティム・ストウファーとダスティン・モズリーの2名にマイナー契約をオファーしていると報道されてから、随分時間が経っています。一時話題となった松坂獲得については、スコット・ボラスが要求している年俸が高額のためパドレスは首を振っていないようです。一体いつになったら補強の話が聞けるのやら・・・。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー