投稿者 まさ2 | 2013/02/17

ライマー・リリアーノ今季絶望

海苔が好きなまさ2です、こんにちは。小腹が空いたときはおやつの代わりに海苔をひたすら食べることが可能です。

パドレスのマイナー組織でも常にプロスペクト上位に位置づけされていたライマー・リリアーノがトミー・ジョン手術をうけるため、今季絶望となることが明らかになった。リリアーノは昨年末に故郷のドミニカ共和国でキャッチボール中に右肘を痛めていた。

リリアーノは走攻守3拍子揃った選手として高い評価を受けており、将来のパドレスのライトとして期待されていた。今季は2Aからスタートする予定で早ければ年末にも昇格かと噂されていたが、これでメジャー昇格は早くても来年末となる見込み。

パドレスではクリス・デノーフィアやカイル・ブランクスも同様に手術を受けています。野手のため投手に比べると手術の直接的な影響は少ないですが、それでもリリアーノの昇格が遅れてしまうのは残念なニュース。ウィル・ベナブルとの今季終了後の契約更改にも影響を与えるのは必死です。

チームの中で唯一契約未更改、というか気づけばMLBで最後の一人となっていたクレイトン・リチャードがようやく球団と契約合意。球団の提示額$4.905Mに対してリチャードの希望額は$5.55M  だったが、$5.24Mで決着がついた。これでパドレスは支配下選手全員との契約が完了。

オフ中に薬物違反が発覚し今季開幕より50試合の出場停止処分を受けているヤズマニ・グランダルが土曜日、チームメイトの前で謝罪。またメディアの前でも公式に謝罪した。メディアに伝えたのはもともと用意していた文章を読み上げたのみで、その後の質疑応答では薬物関連の質問への返答は避けている。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー