投稿者 まさ2 | 2013/03/16

ケイシー・ケリー、TJ手術か

今年も某日本人リーグでファンタジーベースボールのお世話になっているまさ2です、こんばんは。この前ライブドラフトが行われたのですが、パドレスファンにも関わらず指名獲得したパドレ戦士はグレガーソンとクエンティンの2名のみと物足りない結果となってます。(元パドレス組ではエイドリアン、リゾ、レイトス獲ってます。)メイビンはしばらく様子見たいし、キャシュナーは開幕DLだろうし、ギョーコはまだFAに出てないし・・・ということで、とりあえずはこの面子で開幕を迎えることとなりそうです。

WBC、国内では盛り上がっていますが、デノーフィアが選出されていたイタリア代表は敗退が決定。グレガーソンの所属する米国代表はプエルトリコとの2位決定戦に挑むこととなり、相変わらず制球難が修正される気配が全くないボルケスが第一先発投手のドミニカは準決勝進出を決めています。

んでパドレスはオランダ相手に練習試合を行い、9-3の完敗。うん・・・練習試合だから・・・ね・・・。

非常に心配なニュースが1つ。今季の飛躍を期待されていた若手ホープのケイシー・ケリー投手が右肘に痛みを訴えており、最悪トミー・ジョン手術を受ける可能性が出てきました。昨年MLBデビューを果たしたケリーはキャンプで開幕ローテ5番手を争っており、若手投手陣の中では最も期待値が高い選手。開幕を3Aで迎えた昨年も数試合先発した後に肘に違和感を覚えて3ヶ月間離脱した経緯があり、球団も複数の医師に診断してもらってから治療法を選択するようです。ただもしTJ手術を回避できたとしても出遅れは必至。悪いニュースには違いありません。

これで昨年のコーリー・ルーキ、ジョー・ウィーランド、そして今年のライマー・リリアーノに続くプロスペクト4人目のTJ手術となってしまいました。一体何なんでしょうか、この打率の高さは。誰でもいいからホントお祓いしてあげて下さい。次に可能性があるとすればロビー・アーリンでしょうか。彼の左肘は大丈夫なのか、不安になってしまいます。

とにかく今は軽度の故障であることを祈るしかないです。ケリーにとっては大事な一年となるはずだったのに、非常に残念。

怪我といえば、主砲カルロス・クエンティンが右膝を痛めて、月曜日に出場予定だった練習試合出場を回避。密かにまだ試合出場できておりません。

ただ大事をとって休んだだけで、今週後半の試合には出れる見込みとのこと。レギュラーシーズンを1試合でも多く出場できるのであれば、スプリングトレーニングはいくら休んでも結構です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

カテゴリー