投稿者 まさ2 | 2013/07/02

戦力補強の噂がチラホラ

ちょっと更新の間が空いてしまったまさ2です、こんばんは。この前某駅でほこたてに出演していたパフォーマー、パーツ氏を見かけました。興奮して兄弟にメールするも誰もわかってくれず、結局一人ヤキモキしてしまいました。

ここ最近の好調具合で首位争いに絡みつつあるパドレス。以前はトレード期限の放出候補の話題が多かったのですが、ちらほら補強候補のうわさが増えてきました。

今のところ候補として名前が挙がっているのが、マット・ガーザ(カブス)、リッキー・ノラスコ(マーリンズ)、ジェイク・アリエータ(オリオールズ)、そして元神父エースのジェイク・ピービー(ホワイトソックス)ら。

上記の中ではガーザとノラスコは今季終了後に契約が切れるので、半年のレンタル扱い。そしてピービーは現在DL入りしており、復帰はオールスター後とリスクのある状態。アリエータは若手投手ですが、パドレスのスカウトが非常に高評価しているとの話が出ています。

ピービーの放出時には色々ありましたので、実際は彼の復帰はほぼないと思っています。ノラスコも現時点では他球団への移籍が有力と報じられており、今のところ可能性薄。アリエータは最も安値で獲得できるでしょうが、残りシーズンを引っ張れる存在になれるかというと難しいところ。

この面子ですとガーザ獲得がベストの選択肢に思えますが、価格も非常に高そうです。昨年は全く動きがないトレード期限でしたが、今の調子が続けば今年はフロントも動くでしょう。期限当日までの球団の動きに注目したいと思います。

追記:
アリエータはオリオールズへのトレードが発表されました。

相変わらずパドレスは中継ぎ要員のやり繰りが続いています。以下、箇条書きで紹介。

6/23
IN マイルス・マイコラス、ブラッド・ブラック
OUT ブラッド・ボックスバーガー、アンソニー・バス

6/24
IN トミー・レイン
OUT マイルス・マイコラス

6/26
IN ロビー・アーリン
OUT ブラッド・ブラック

6/28
IN バーチ・スミス
OUT トミー・レイン

ホント中継ぎはとっかえひっかえ。グレガーソンやセイヤーが登板過多のため、誰かしら一人でも継続して戦力となれるリリーフ投手が出てくれれば有難いのですが。

6/22
パドレス 1-6 ドジャース
6/23
パドレス 1-3 ドジャース

22日は先発ボルケスが4回までノーヒットピッチング。しかし5回に3連続四球を与え先制点を許すと、次の回にはエイドリアンにソロ弾を許し、その後4失点。6回途中7四球でノックアウト。打線もドジャース先発グレインキを攻略できずに敗戦。23日は先発キャシュナーが8回1失点と好投するが、9回に登板したヒューストン・ストリートが一死からエイドリアンとハンリー・ラミレスにまさかの連続被弾・・・。相変わらず不安定な抑えのせいで勿体無い試合を落としてしまう。

6/24
パドレス 4-3 フィリーズ
6/25
パドレス 2-6 フィリーズ
6/26
パドレス 5-7(13) フィリーズ

初戦は相手先発クリフ・リー相手に全く歯が立たず、0-3のまま9回に突入。しかしここから神父打線は反撃し、無死一二塁からカイル・ブランクスが2点タイムリー!さらにパスボールで土壇場で同点とすると、10回裏には一死満塁で再びブランクスがレフト前タイムリーを放ちサヨナラ勝ち!

しかし第2戦はマーキーが序盤で打たれてあえなく敗戦。最終戦はリチャードの代替で先発したロビー・アーリンが7回途中まで3失点と好投も、8回二死からサッチャーが二塁打を打たれると、代わったグレガーソンがツーランを打たれて同点に。試合はそのまま延長に突入し、トム・レインが二死一塁から死球を与えてピンチを広げると、最後は二塁フォーサイスのエラーの間に勝ち越し点を奪われて連敗してしまった。

6/28
マーリンズ 2-9 パドレス
6/29
マーリンズ 7-1 パドレス
6/30
マーリンズ 6-2 パドレス
7/1
マーリンズ 4-0 パドレス

前回の対戦ではパドレスが3連勝したが、今回は痛い負け越し。初戦はボルケスの良い面が出て快勝するも、29日はここまでチーム随一の安定感を誇っていたスタルツが4回6失点でKO。打線もハンドリーのタイムリーによる1点のみの完敗。

30日はキャシュナーが再び好投して6回2失点。試合は7回、代打で出場したクエンティンがツーランを放ち同点に追いつくも、9回から登板したタイソン・ロスが一死満塁のピンチを招くと、打率1割台のジェフ・マシスにまさかのサヨナラ満塁本塁打・・・。これで意気消沈したのか、最終戦はルーキーのホセ・フェルナンデスに8回2安打10三振に抑えられて、痛い痛い3連敗を喫してしまった。

これでパドレスは40勝43敗の借金3。ただ地区のライバルもモタモタしており、首位ダイヤモンドバックスとは2.5ゲーム差の3位にとどまっています。

しかしマーリンズ相手の3連敗は痛いです。17連戦中のパドレスは、月曜日からレッドソックス、ナショナルズと強敵との連戦が続き、さらにロッキーズ、ジャイアンツとの試合が待っています。オールスター直前の踏ん張りどころです。中継ぎ陣に疲労の色が見えますが、なんとか5割で乗り切れればOKでしょう。

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー