投稿者 まさ2 | 2013/11/24

40人枠整理

今回のシリーズとなってから仮面ライダーを娘と一緒に見ているまさ2です、こんにちは。ミカン、バナナ、ブドウにスイカまで出てきて、もぎたてフレッシュ(松ぼっくりもいますが・・・)。もうシナリオと登場人物がぶっ飛んでいて、わけがわかりません。でも色んな意味で面白すぎ。

パドレスはルール5ドラフトで若手選手の指名を避けるため、以下のマイナー選手を40人枠に追加。

キーバス・サンプソン投手
ドン・ローチ投手
Juan Oramas投手

これら3人は全て投手。サンプソンは数年前から期待されていた投手ですが、中継ぎ転向の噂も。ローチはアナハイム・エンゼルスにフリエリをトレードした際、アマリスタと一緒に獲得した投手。Oramasはメキシコ出身の投手で、一昨年にTJ手術を受けて今年復帰しています。

3人と先日獲得したジョシュ・ジョンソンを40人枠に追加するためにDFAされた選手は以下。

ブラッド・ブラック投手
マイルス・マイコラス投手
ジェフ・デッカー外野手
Jose De Paula投手

ほぼ先日お伝えしたとおりの面々。ブラックとマイコラスの2名を外すのは意外でした。てっきりグズマンが外されるのかと。

ブラック、マイコラスはもともとマイナーでクローサーを務めてメジャー昇格。ブラックは昨年チームに定着したものの、2013年は結果を残せず。マイコラスはメジャー定着すら叶いませんでした。デッカーも初のメジャー昇格は果たしたものの、出番を思うように与えてもらえず消化不良のままDFAされた感があります。De Paulaは・・・全然知らない投手です。

今年の成績で考えると、他球団から指名される可能性があるのはブラックくらい。指名されなければパドレスと再度マイナー契約を結ぶか、レインのようにFAとなって他球団へ移籍する可能性も。ここらへんは正式なルールがわかりません。球団との契約内容に条件が含まれたりしてるのでしょうか?

さらにパドレスはニューヨーク・ヤンキースとマイナーリーガー同士のトレードに合意。パドレスからはDean Anna内野手が放出され、ヤンキースからはBen Paullus投手がトレードされる。

Annaは2008年ドラフト26巡目でパドレスに指名された27歳内野手。今年は主に二塁/遊撃手として、3Aで.331/.410/.482の好成績を残しています。このオフからルール5ドラフトの対象となるため、どうせ無条件で他球団に獲られるのならトレードで見返りを貰ってやろうという首脳陣の判断でしょう。

Paullusは2011年ドラフト19巡目でヤンキースから指名された24歳右腕リリーフ。A+に昇格したばかりで目立った成績もあげておらず、まだまだこれからの選手です。温かく見守ってあげましょう。

これで現在のパドレスロースターは40人フルの状態。今年もルール5ドラフトでの指名はなさ気。他球団から掘り出し物を探しあてる宝探し的な感じがして、毎年楽しみではあるんですがー。

あと元ドラフト1位(全体3位)のドノバン・テイトは40人枠に加えられず、他球団からの獲得が可能となっています。果たして獲得に動く球団はあるのでしょうか?


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー