投稿者 まさ2 | 2013/12/13

アストロズとトレード合意

金曜:忘年会、土曜:飲み会、月曜:忘年会、火曜:飲み会、水曜:忘年会、木曜:飲み会、なまさ2です、こんばんは。もう眠いので、ちゃちゃっと更新だけして眠りにつきます。誤字脱字があればすみません。

パドレスはヒューストン・アストロズへアンソニー・バス投手をトレードに出したことを発表。そしてその翌日行われたルール5ドラフトで、1位指名権を持つアストロズはアリゾナ・ダイヤモンドバックスのパトリック・シュスター(Patrick Schuster)投手を指名し、すぐにパドレスへトレード。実質的にバス⇔シュスターの1-1のトレードとなった。

シュスターは23歳の左投げ投手。元々は先発として起用されていたが2011年にリリーフ転向しており、今年は1A+でプレー。パドレスはこのオフに左投手2名(トミー・レイン、コルト・ハイン)を放出しており、対左要員の補強はオフの必須課題だった。ルール5ドラフトでの獲得選手のためパドレスはシュスターを1年間25人ロースターに入れておく必要があり、もしDL以外の理由で外された場合はDバックスへシュスターの保有権が返却される。

シュスターの成績は以下の通り。

Year Lev W L ERA G SV IP H ER HR BB SO WHIP H/9 HR/9 BB/9 SO/9
2009 Rk 0 0 3.60 5 0 5.0 4 2 0 4 6 1.600 7.2 0.0 7.2 10.8
2010 Rk 5 4 3.76 15 0 76.2 76 32 3 34 60 1.435 8.9 0.4 4.0 7.0
2011 A 7 4 3.33 27 0 119.0 106 44 7 41 84 1.235 8.0 0.5 3.1 6.4
2012 A+ 4 5 4.90 47 1 64.1 56 35 5 32 67 1.368 7.8 0.7 4.5 9.4
2013 A+ 0 1 1.83 55 0 44.1 30 9 3 18 45 1.083 6.1 0.6 3.7 9.1
5 Seasons 16 14 3.55 149 1 309.1 272 122 18 129 262 1.296 7.9 0.5 3.8 7.6
 
 

今年は突如覚醒したのか、抜群の成績を残しています。どんな投手なのか、特徴については後日おって報告します。

一方、アンソニー・バスは2008年ドラフト5巡目指名でパドレスへ入団。マイナー時代を順調に過ごして2011年に中継ぎとしてメジャーデビュー。翌2012年も序盤は先発として活躍するも、その後尻すぼみ。今年はロングリリーフ枠の争いでティム・ストウファーに敗れマイナーで開幕を迎えると、キラリと輝くところを見せることができないまま一年を終えていた。

アンソニー・バスのこれまでの成績。

Year Lg W L ERA G SV IP H ER HR BB SO WHIP H/9 HR/9 BB/9 SO/9
2008 A- 2 2 2.10 25 7 34.1 25 8 3 14 41 1.136 6.6 0.8 3.7 10.7
2009 A,A+ 12 3 2.55 28 0 123.2 112 35 8 39 89 1.221 8.2 0.6 2.8 6.5
2010 A+,AAA 8 8 3.33 28 0 138.0 131 51 10 23 112 1.116 8.5 0.7 1.5 7.3
2011 AA,AAA 7 4 3.62 14 0 74.2 68 30 6 21 65 1.192 8.2 0.7 2.5 7.8
2011 Padres 2 0 1.68 27 0 48.1 41 9 3 21 24 1.283 7.6 0.6 3.9 4.5
2012 AAA 0 0 5.62 3 0 8.0 8 5 0 0 9 1.000 9.0 0.0 0.0 10.1
2012 Padres 2 8 4.73 24 1 97.0 89 51 10 39 80 1.320 8.3 0.9 3.6 7.4
2013 AAA 4 6 5.45 15 0 79.1 108 48 11 17 60 1.576 12.3 1.2 1.9 6.8
2013 Padres 0 0 5.36 24 0 42.0 51 25 4 20 31 1.690 10.9 0.9 4.3 6.6
3 Yrs 4 8 4.08 75 1 187.1 181 85 17 80 135 1.393 8.7 0.8 3.8 6.5
 
 

バスは先発としては少々厳しい感じでしたが、ロングリリーフならメジャーに定着できるのではないでしょうか。どうも昨年途中から本来の姿を見失っているように思えるので、この移籍を機に再び輝きを見せてもらいたいところ。

このトレード自体は個人的に納得しています。パドレスの現戦力内にてバスは先発では厳しい立場であり、ロングリリーフにはストウファーがいます。まだA+しか経験していない左投手を獲得することはリスキーですが、1年間ロースターに保持できれば儲けものでしょう。あとはシュスターがコケた時のことを考えて、マイナー契約で安値の左投手を補強しておきたいです。

尚、今年のルール5ドラフトは例年に比べて各チームが非常に大人しく、パドレスの組織からは誰も指名されませんでした。

その他の神父関連ニュース:

・ジェリー・へアストンJr.が引退。

・エディンソン・ボルケスはピッツバーグ・パイレーツと1年$5Mで契約に合意。

ボルケスに$5Mか・・・やはり素質のある投手は、そこそこの額を提示して貰えるんですねぇ。パドレスはもう絶対に払えませんが。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー