投稿者 まさ2 | 2014/07/25

キャメロン・メイビン薬物違反で処分

パドレスのキャメロン・メイビン(27)はMLBが禁止薬物に指定されているアンフェタミンの対して、試合後の検査で陽性の結果が出たことが明らかになり、25試合の出場停止処分を受けることとなった。パドレスとしては昨季のエバース・カブレラ、ヤズマニ・グランダルに続き、2年連続でのトップ選手による違反となる(トロイ・パットンはオリオールズ在籍時に処分)。

メイビンは注意欠陥の治療のために使用していたとコメント。既にチームやファンに謝罪をしており、処分を素直に受け入れることを表明している。

もうアホかと。バカかと。

昨年あれほどチーム内で問題となったのに、薬物に対する意識が低すぎます。

もうしばらく休んで貰って良いです。センターはレイモンド・フエンテスを我慢して育てたら良いんじゃないでしょうか。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー