投稿者 まさ2 | 2014/12/12

クリント・バーンズ獲得とその他色々

先のエントリーでカブレラの解雇をお伝えしましたが、さすがにアマリスタ一人に遊撃手を任せるのは心許ないと感じたのか、パドレスはFAとなっていたベテラン内野手のクリント・バーンズと1年契約を結んだことが明らかに(2016年の球団オプション付)。

一応アマリスタの名誉の為に伝えておきますが、首脳陣は今年のアマリスタのプレーを高く評価しており、特に遊撃手としての守備に良いコメントを残しています。ただ正直なところ.239/.286/.314の選手が正遊撃手ではチームとしても厳しいのも事実で、アマリスタは本来のスーパーユーティリティー役としてベンチに控えてもらうのが理想とするところ。

そこでアマリスタのバックアップ役として白羽の矢が立てられたのがバーンズなのですが・・・以下、彼のキャリアスタッツ。

Year Age Tm G AB R H 2B HR RBI SB CS BB SO BA OBP SLG
2003 24 COL 12 25 2 8 2 0 2 0 0 0 10 .320 .357 .400
2004 25 COL 20 71 14 20 3 2 10 0 1 3 10 .282 .320 .437
2005 26 COL 81 350 55 101 19 10 46 6 4 16 36 .289 .330 .434
2006 27 COL 131 478 57 105 26 7 56 5 4 22 72 .220 .264 .335
2007 28 COL 27 37 5 8 3 0 1 0 0 1 13 .216 .237 .297
2008 29 COL 107 393 47 114 25 11 44 13 4 17 69 .290 .322 .468
2009 30 COL 154 550 69 135 32 23 76 12 10 31 121 .245 .294 .440
2010 31 COL 133 387 43 91 21 8 50 3 2 35 66 .235 .305 .351
2011 32 HOU 123 446 47 109 27 12 39 3 1 38 88 .244 .312 .386
2012 33 PIT 144 455 34 104 16 8 45 0 2 20 106 .229 .272 .321
2013 34 PIT 108 304 22 64 15 5 23 0 0 14 70 .211 .249 .309
2014 35 PIT 48 102 15 25 5 0 7 1 1 9 18 .245 .328 .294
12 Yrs 1088 3598 410 884 194 86 399 43 29 206 679 .246 .295 .380

 

因みにバーンズは来年36歳。来季年俸は$1.3M。

・・・これくらいの選手、マイナー契約で獲得できませんか???

い、いや、きっとA.J.プレラーGMは私の知らないバーンズの何かスペシャルな秘密を知っていてこんな契約を締結したんだと思うのですよ!上記成績や彼の年齢など考慮すると、何故メジャー契約を打診したのか理解に苦しんでしまうのですが、そんな私はきっと異端なんですよ!

つか、バーンズとメジャー契約するってことはアマリスタを本気でスタメン起用する気なんじゃないでしょうか、うちのチームは・・・。わざわざ内野控えを2人もベンチに置かないでしょうし、2人とも代打要員って柄でもありませんし。

うーん、よくわかりませんが、深く考えない方が良さげです。とりあえずこのオフの一発目のFA契約でした。

パブロ・サンドバルの獲得を狙ったパドレスはレッドソックス、ジャイアンツを合わせた3球団の中で、最も金銭面で良いオファーをしたらしいのですが、パンダさんはボストン動物園で飼育されることになりました。

また本気で獲得を狙っているのではと報じられた、キューバのヤスマニー・トマスはダイヤモンドバックスへ葉巻を献上。パドレスは共に獲得の有力候補に数えられながらも獲得2連敗・・・。

この流れでバーンズを獲得し、そしてケンプをトレードで獲得する流れに至っています。しかしどこからケンプ獲得の資金が調達できたのでしょうか、本当に。からくりがわからないのですが、どこのサイトでも説明されていません。知っている方がいたら教えて下さい。

旧神父選手では、ルーク・グレガーソンがアストロズと契約。3年$18.5Mの中継ぎとしては破格の契約をゲットしています。ここまで登りつめてくれて嬉しい限り。

あとマット・レイトスがレッズからマーリンズへトレードとの噂も。ほんまかいな。

ウインターミーティング最終日はまだまだ動きがありそうな気がしますね!明日朝起きるのが楽しみです。


Responses

  1. 正直パドレスは全ポジションが穴と言えなくもないので、血の入れ替えは大いに結構なんですが、ケンプに関してはなんとも言えないですね。
    同じ投手有利の本拠地で多少の数字を残してきたサンドバルのほうが、まだリスクは小さかったかもしれません。もっとも巨漢選手への複数年が割に合ったケースはまれですけど。。。
    一部報道にあるようにイチローや青木を獲得できれば、チームとしてもそうですし、TV中継が増えるという点でも、来年は楽しみなシーズンになりそうですね。
    個人的にはレブランクやグスマンなど元パドレスが日本で見られるのも嬉しいです!マイコラスが上で投げられる可能性は低そうですが・・・

    • 血の入れ替えが想像を遥かに超える規模で実施されてしまいました。こうなると一度獲得したケンプが今後他球団へ再トレードされる可能性もあるのでは・・・とか想像してしまいます。しかしプレラー、急に一体どうしたんだ・・・。

      イチローはニュースでも報じられていましたが、ベナブルやメイビンらの引き取り手が現れない限り難しいでしょうね。個人的には5番手外野手でもいいから獲得して欲しかったですが。

      私も来年日本野球界で元パドレ戦士を見れるのが楽しみです。ルブランの球速をこの目で再確認できるとは思ってもいませんでした。

  2. まささん、お久しぶりです。
    マット・ケンプの獲得はびっくりしましたね~
    ジャスティン・アップトンの獲得も狙っている?との記事もありました。
    どうなんでしょう?来シーズンは左打者よりも右打者を中心に集めている感じなんでしょうか?

    • ペトコの構造上、右打者のほうが良い成績を残しやすいところも右打者重視の補強に動いている理由かもしれません。ただフェンスの高さを調整したりと以前とは環境も変わっているので、一概には言えませんが。

      マイヤーズ獲得が先に決まったのでアップトンは噂だけで終わるかと思いきや、まさかまさかの正式獲得してしまいました。タイミング的にもケンプの獲得以上に衝撃を受けちゃいました!

      でも来シーズン以降はどうするつもりなのか、GMの本音を聞いてみたいですね。確実に予算は足りないでしょうし、やっぱり1年レンタルですかねぇ・・・。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー