投稿者 まさ2 | 2014/12/20

②デレク・ノリスをトレード獲得!

ケンプのトレード、マイヤーズのトレードに続く第3弾として、パドレスはオークランド・アスレチックスからデレク・ノリス捕手とSeth Streich投手の獲得を発表。パドレスからはジェシー・ハーン投手とR.J.アルバレス投手の2名が移籍する。

ノリスは25歳、メジャー3年目で元々ナショナルズに2011年ドラフト4巡目指名された選手。ジオ・ゴンザレス獲得時のトレード要員としてA’sに移籍していた。守備・肩はイマイチだが、選球眼に定評があり高い出塁率を誇る攻撃型捕手で、今年はオールスターにも初選出されている。

Streichは2012年ドラフト6巡目指名でA’sに入団。既に23歳だが、今年は1A+で先発として起用されている。年齢の割には少々成長が遅れている印象。

ハーンは昨季オフにレイズからアレックス・トーレスと共にトレードで加入、今年メジャーデビューを果たした先発投手。パドレスのローテ入り後は投球数制限で早めにシーズンを切り上げられるまで7勝をあげるなど予想以上の活躍を見せ、来季も先発ローテの有力候補だった。

R.J.アルバレスはヒューストン・ストリートをエンゼルスへトレードした際に獲得。将来のクローザー候補とも評され、今季後半にメジャー昇格し、来年はブルペンの一角を占めることが予測されていた。

ケンプ、マイヤーズの獲得も驚きましたが、今回のトレードにも衝撃を受けました。ただその驚きはノリスを獲得したことに対してではなく、パドレスが放出する2選手の名前を見た時に受けたものですが。

ハーンもアルバレスも来季以降の活躍が期待されていたMLBデビューしたての投手です。確かにハーンの今季成績は出来すぎ感がありますが、それでもマイナーリーグでの過去成績を見る限り想定内の内容であり、今後長期に渡りパドレスのローテーションを支える投手になるものとばかり思っていました。

アルバレスもマイナーで驚異的な奪三振率を誇り、来年以降クアッケンブッシュと時期クローザーの椅子を争うはずだったのが、まさかのトレード放出とは・・・!

もちろんノリスの打力(出塁力)に疑いはなく、将来オースティン・ヘッジスがメジャー昇格した際には一塁へ転向し、かつてのスコット・ハッテバーグのような選手になる可能性が十二分にあることは理解しています。

正直なところ自分の中で急激なチームの変化を消化できていないところがあるのですが、ただ1つ明確なのはA.J.プレラーGMはパドレスの長年の課題である打力不足を本気で改善する意思があること、そしてそのためにはある程度の犠牲は仕方がないと割り切っているところでしょう。

何かを根本から変えるためには抜本的な改革が必要であり、それをプレラーは実践しようとしています。パドレスは層の厚かった若手選手らを放出し、即戦力の野手をかき集めて戦力が一新されつつある状態。

一体来年の開幕ロースターがどのような面子になっているのか、もう全く予測不可能です。一体最初のクリント・バーンズFA獲得は何だったのでしょうか?笑


Responses

  1. まさ2さん、まだ終わってませんよ!次はUpton。同情しますが、頑張って記事書いて下さい!!!

    しかし、これほど積極的な動きに出るとは驚きました。

  2. んん?さらにレッドソックスとの間でHaniganとMiddlebrooksのトレードも成立!
    まさ2さん、がんばれー!

    • ようやく一通り終わりましたー!ウィンターミーティングでもないのに、更新中に次々トレードが決まるのは初めてです。プレラーGMのアドレナリンが放出されまくっていたんじゃないでしょうか・・・。

      外野だらけになりましたが、来年はクエンティンが一塁、ベナブルが二塁、メイビンが遊撃、スミスが三塁を守ればポジション被りを解決できそうです!(やけくそ)


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー